Flow to Buyボート購入までの流れ

ボート購入にあたって知っておきたいこと

ボート購入にあたって
知っておきたいこと

ボートの価値側面 コミュニケーションツールとして、スポーツアクティビティーとして、ステイタスツールとして、ボートを購入してどのような遊びがしたいのかという目的から選ぶということです。ボートにはフィッシング用ボート・クルージング用ボート・ウェイクボード用ボートなど様々な種類があり、それぞれ特性が異なります。そして次にボートに求められるものとして、デザイン・構造・レイアウト・装備品・エンジンのパフォーマンス・耐久性など様々な要素があります。一流のボートビルダーが製造するボートではそういった要素を十分に考慮したボート作りを行っており、総合的にバランスのとれたボートである傾向が大きく、いわゆるクオリティーの高いボートと言えます。

購入にあたって最も気になるのは価格ということになりますが、価格の安いボートはクオリティーや、中古ボートでいうと年式という面では、どこかの部分に犠牲を持たせていると考えて下さい。価格の安いボートが決して悪いとは言い切れませんが、犠牲部分がどの部分なのかしっかり検証するべきでしょう。そして、購入ディーラーは長期において信頼がおけるか、メンテナンス体制が充実しているかも購入にあたっての重要なポイントです。 ロータリーピア88ではマリンライフアドバイザーとして、オーナー様に満足いただけるボート選びをしっかりとサポートいたします。

Flow初めてボートを購入するときのフロー

  1. step01インターネット、雑誌などで検索
    好みのボートをターゲット

    • ボートと保管マリーナは、同時に検討することをお勧めします。
    • ボートに関しては、必ず試乗をして、エンジンだけでなく電気関係の装備品が全て作動しているかチェックを行う。
  2. step02同時に保管したい地域でマリーナもターゲット

    • アワーメーターのチェック。車でいう走行距離にあたります。いくら見た目が綺麗でも使用時間多いと価値は低いと言えます。
  3. step03実際にボートやマリーナを見に行く

    • 装備品のチェック。自分の遊びたいスタイルを販売店に話して、今ついている装備以外に何が必要かを確認する。
  4. step04購入するボートがきまれば保管予定のマリーナに伝え、マリーナに申し込み。
    また、ビートの搬入と進水式の日程決定

    • ・マリーナに関しては、シャワールームや更衣室など、付属施設もしっかりと確認。
    • ボートを維持管理するにあたって、年間どれくらいの費用が必要になるか、どういった部分に費用がかかってくるか、しっかりと確認。
  5. step05ボートとマリーナの代金決済
    ボートの検査登録やマリーナの艇置契約

    • ボートの登録には、印鑑証明や実印が必要になります。あらかじめ、個人で購入されるか、会社で購入されるか決めておかれた方が良いです。
  6. goal進水式を行い、ボートオーナーに!!!

↑ PAGE TOP

ソウルクラフト ジャパン ウェイクサーフィンクラブ  ソウルクラフト ジャパン ウェイクサーフィンクラブ  ソウルクラフト ジャパン ウェイクサーフィンクラブ  ソウルクラフト ジャパン ウェイクサーフィンクラブ